英語で旅する現地発着ツアー

世界中から参加者が集まる現地発着ツアーのご紹介と、その魅力について語っていきます

ペルー周遊ツアー その4

Day 7 (12th Sep.)

本日は地上絵で有名なナスカへと車で向かいます。出発は9:30と少し余裕があるため、せっかく2泊もしてるのにツアーの行程上ではまったく見る機会のないリマの街を小一時間ほど散策。

f:id:junkikki:20170604230148j:plain

恋人達の公園にある、男女が抱き合ってキスする巨大なモニュメント。大胆すぎる!

 

f:id:junkikki:20170604230220j:plain

野良トレーニングマシーン。遊具じゃなくてこういうのがあるのって珍しいよね。

 

f:id:junkikki:20170604230243j:plain

壁に大きく不満そうな表情の男が描かれたなにかの建物。横向きなのがまたシュール。

 

f:id:junkikki:20170604230309j:plain

採石場のような景色が延々と続く中、一路ナスカへ向けてゴーゴゴー!!

 

f:id:junkikki:20170604230341j:plain

12:00ちょうどに昼食。こちらのレストランでは日本人のスタッフの方もいたためか味付けが日本人好みな感じ。やさしい味の肉と野菜の煮込み。

 

f:id:junkikki:20170604230405j:plain

軽く醤油味のきいたペルー風焼きそば。パクチーが入ってなくてよかった。

 

f:id:junkikki:20170604230441j:plain

しばらくペルーの一般的な街並みっぽい、こんな景色が続いた後、

 

f:id:junkikki:20170604230512j:plain

なーんもない、こんな感じの景色が延々続く。それにしてもナスカは遠ーい。

 

f:id:junkikki:20170604230551j:plain

ゴツゴツした山岳地帯にさしかかり、ようやくナスカに近づいてきた。こちらは人の横顔に見えるという岩。

 

f:id:junkikki:20170604230630j:plain

17:30頃、ナスカへ到着。地上絵の解明、保存に尽力したマリア・ライヘの博物館へ。こちらは彼女の研究室を再現した部屋なのだが、一瞬ホントに人が座っているのかと思ってビビった。

 

f:id:junkikki:20170604230706j:plain

展示物の上に堂々と寝そべる野良猫。なんともフリーダムな博物館だ。

 

f:id:junkikki:20170604230746j:plain

ミラドールと呼ばれる高さ約20mの展望台に登り、いよいよ地上絵と初対面。

 

f:id:junkikki:20170604230811j:plain

ちょうど夕日が沈むベストなタイミング。ちょっとわかりづらいけどこちらの地上絵は“木”です。

 

f:id:junkikki:20170604230834j:plain

ホテルにチェックイン後、周辺を散策。町にはいたるところに地上絵をモチーフにしたデザインがある。

 

f:id:junkikki:20170604230857j:plain

どこかで聞いたことがあるような名称の『インカ・コーラ zero』。

 

Day 8 (13th Sep.)

旅の最終日の今日はセスナ機に乗って上空から地上へを堪能するですよ。

f:id:junkikki:20170604230959j:plain

6:45、こじんまりとしたナスカ空港へ到着。

 

f:id:junkikki:20170604231029j:plain

セスナの機内はこんな感じ。ドキドキがワクワク!

 

f:id:junkikki:20170604231102j:plain

パイロットが「右!右!見えてきたクジラ」とかカトコトの日本語でアナウンスしてくれるのだが、けっこう絵以外の線も多くわかりづらい。“見えた!”と思ったときには次の場所に移動してしまったりで。

 

f:id:junkikki:20170604231123j:plain

一番よく確認できたのが有名な絵柄のひとつである、こちらの「ハチドリ」。

 

f:id:junkikki:20170604231318j:plain

約30分のフライトが終了。パイロットさんと記念撮影。ありがとうございました!

以上で8日間に渡るペルーの旅も終了です!!!

まぁ、この後に9時間かけてリマまで戻り、丸一日かけてアトランタ経由で日本に帰るという大仕事が残っているんだけどね。しかも、パクチー地獄の影響か体調崩してしまい鬼のようにしんどい帰路だったというのは、のどもと過ぎればなんとやらってやつで、今となってはそれも含めて良い思い出ということで。


おしまい