英語で旅する現地発着ツアー

世界中から参加者が集まる現地発着ツアーのご紹介と、その魅力について語っていきます

デリー発着北インド周遊ツアー その10

Day 11 (24th Sep.)

ツアーも終わり本日は21時の便にて日本へと帰国します。時間にたっぷり余裕があるので一日車をチャーターしてデリー近郊を巡ることにした。どのくらいかかるのか現地の旅行会社に問い合わせたところ8時間で¥4,000-だって。めっちゃ安くない?

9時にチェックアウトして迎えに来てくれた車へと乗り込む。一日お付き合いいただくドライバー、どんな人かな?とやや緊張するも、寡黙でよさげな人だった。ベラベラ喋るうるさいドライバーだったら疲れるよなぁーと思っていたので一安心。

f:id:junkikki:20170526224641j:plain

まずはニューデリーの中心コンノートプレースへ。只今絶賛改装中。

 

f:id:junkikki:20170526224735j:plain

現代インドの父、ガンジーが火葬されたラージ・ガート。

 

f:id:junkikki:20170526224814j:plain

オールドデリーでひときわ目立つラール・キラー。ドライバーさんに、「アグラ城見てきたなら中に入る必要ないよ同じだから」といわれたが入ってきた。まぁ似てるけど同じってこたないよなぁ~。

 

f:id:junkikki:20170526224849j:plain

某旅番組(旅猿)で某芸人(東野・岡村)さんも来店したというタンドリーチキン発祥の店にて昼食。隣に座っている日本人の女性二人組に店員さんが収録の様子をサインなどを見せながら語っていた。つーか俺の相手も少しはしろ!うらやましいじゃねーか!

 

f:id:junkikki:20170526224920j:plain

インド門。ここから官邸へ続く道は整然として清潔な街並み。

 

f:id:junkikki:20170526224952j:plain

フマユーン廟。タージ・マハール程のスケールはないがインド・イスラーム建築の傑作。

 

f:id:junkikki:20170526225026j:plain

デリーの中心から少し離れたところにあるクトゥブ・ミナール。ひときわ高くそびえる塔と、中庭に建つ4世紀に造られ未だ錆びていないというアイアン・ピラーで有名。


たっぷりデリーを満喫し18:00過ぎ空港へ到着。特に問題もなく定刻通りに飛行機は離陸した。のだが…

さ、寒い!飛行機が!調子に乗ってTシャツ一枚で飛行機に乗り込んでしまったせいか寒さで凍える俺。そのうちに腹までゴロゴロしてきて何度も何度もトイレへ駆け込みだす始末。さらにはグッタリとしてきてなんだか熱っぽい。こ…これは寒いからとかそういうレベルじゃないぞ!

旅中そこまで神経質にはしなかったが、生水は避け、なるべくは火の通ったもの、あまり変なのは食べないなど常識的な配慮はしていた。おかげで旅の間はすこぶる体調もよく、さっきまでは何事もなく過ごせてよかった~とか思っていたというに…。ぐぐぐぐ…汗汗、まさか最後の最後にこんな強大な敵が待ち構えているとは!

こういうのは現地の薬でなければ治らないと聞いたのでCAに頼んで薬をもらう。しかし快方する様子なし。むしろ悪化する。つらい…。つらい…。今年最大つらい…。

 

Day 12 (25th Sep.)

それでもなんとか不快適な空の旅をやり過ごし、成田に着いてからもフラフラで倒れそうだったが、死ぬ思いでやっとのことで我が家までたどり着いた。

どうしようこれ?あんまヤバイようだったら医者行かなきゃな…、でも明日から会社だしな…、もうそんなに休めないしな…、とか色々考えながらもとりあえず寝る。お土産で買ってきたガネーシャに祈りをこめながら。

f:id:junkikki:20170526225113j:plain

ガネーシャ神は障害を取り去り、財産をもたらすという。とりあえず財産はいいので、この障害を取り去ってください。あ、でも障害を取り去った後には、ちゃんと財産もください。忘れずにお願いします。そこかなり重要なんでしっかりお願いします…。

と、願いが通じたのか翌朝には信じられないくらいスッキリとした気分で目覚めることが出来た。さすがガネーシャさんやで!この調子で財産もたのんます!


といったところでインド旅行記はお開き。最後に、旅行前に自ら投げかけていた疑問について答えておこう。一度行ったら“また絶対に行きたい”という人と、“もう二度と行きたくない”という人とで意見が真っ二つに割れることでも有名なインド、果たして自分はどうだったのか…?

正直、絶対に行きたいという程でもないが、二度と行きたくないという程でもないです。なんとも面白くない意見だがそういう人もいるよという事をひとつ覚えておいていただけたら幸いです。


おわり