読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で旅する現地発着ツアー

世界中から参加者が集まる現地発着ツアーのご紹介と、その魅力について語っていきます

カイロ発着エジプト縦断ツアー その7

Day 6 (4th Nov.) 『夜を越えてアブシンベルへ』


朝つーか、まだ完全に夜中の3:00に起きてどこへ行くのかというと、エジプト観光におけるハイライトのひとつアブシンベル大神殿だ。


アブシンベル大神殿とは、エジプトの国境間近の最南端に位置し、建築王とも呼ばれるラムセス2世が岩山を掘り進める形で建造させた岩窟神殿であり、各地に色んなもんを建てまっくた王の建造物の中でも最高傑作と評されている。

また、アスワンハイダム建設時に神殿が水没の危機にさらされてしまい、ユネスコが国際キャンペーンにより救済したことでも有名だ。1964年から68年にかけて移設工事が行われ、なんと岩山を1042個ものブロックに切り分けて運ぶという信じられない方法で、もとの場所より60m上にそっくり移動させた。これをきっかけに世界中の過去の遺産を保護しようという機運がうまれ、世界遺産条約が成立することにもなった。

でも、このアブシンベル大神殿はとにかく遠い。アスワンからでもさらに280kmも離れている。どうせ移設させるなら、もっとアスワンの近くにすればよかったのに!と風情の無いことも言ってみたくなる程だ。

アスワンから飛行機でひとっ飛びという方法もあるが、アフメッド曰く時間がまちまちだし料金も高いのであまりお勧めできないらしい。そんなわけでアブシンベル観光をするには、早起きして夜中のうちに走るというのが定石なのだ。


4:00、ホテルを出発。当たり前だが外は真っ暗。バンに乗り込むやいなや眠りこける。幾度か目を覚まし外を見ると、どうやら広大な砂漠のど真ん中をひた走っているようだ。

f:id:junkikki:20170515120733j:plain

朝焼けの砂漠。地平線の無い日本では決して見ることのできない景色。


7:30、ようやくアブシンベルへ到着。駐車場から眺めると岩山の側面しか見えない。ちゃーんと入場料を払わないと正面から見れないように出来ているのだ。この辺とても巧いすね。

岩山の後方から回り込むように歩いていくと、ついに姿を現しました!

f:id:junkikki:20170515120801j:plain

圧倒的迫力!こんな壮大なものを作ったという事実もスゴいが、移設したという事実がまたスゴい。

大神殿の横には王妃ネフェルトアリのために建造したという小神殿があります。

f:id:junkikki:20170515120830j:plain

大神殿と比べてしまえば確かに小さいけど、これだって充分の迫力です。


10:00、アスワンにトンボ返り、13:30過ぎに到着。行き帰り往復で実に7時間。さすがにしんどい。しかし休む間もなく次の目的へ。今度はフルッカに乗ってナイル・クルーズだ。


ルッカというのは、こんな感じの帆のついた船のことです。

f:id:junkikki:20170515120858j:plain

船に乗り込み帆を上げて、いざ出航!

f:id:junkikki:20170515120948j:plain

船の上にはマットが敷いてあり、だらだらと寝っころがりながらナイル・クルーズ。かなり快適。風に吹かれてまどろんでたらアブシンベル疲れも解消です。


夕方になり、船はヌビア村というところで停泊した。

f:id:junkikki:20170515121024j:plain

ザ・田舎という感じの村。エジプトもここまで南下してくるとアフリカ色が強い。


村で夕食をいただく。夕食後、希望者にヘナタトゥーを施す地元のおばさん。

f:id:junkikki:20170515121051j:plain

こんな感じで塗り塗りしまして、

f:id:junkikki:20170515121117j:plain

じゃ~ん!完成でーす。まぁタトゥーといってもペインティングですけど。それでも2週間くらい残るらしい。


21:00過ぎ、村を後にしてフルッカへ戻る。今夜はオーバー・ナイト・クルーズ、なんとこのまま船上で一夜を明かします。


続く