英語で旅する現地発着ツアー

世界中から参加者が集まる現地発着ツアーのご紹介と、その魅力について語っていきます

ロンドン発着ヨーロッパ周遊ツアー その11

Paris, France

 

遂にツアー最後の国となるフランスはパリに到着。

f:id:junkikki:20170503093133j:plain

ガラスのピラミッドで有名なルーブル美術館

 

f:id:junkikki:20170503093205j:plain

美術館内部、ピラミッドの下には逆ピラミッド。

 

f:id:junkikki:20170503093233j:plain

おそらく館内で一番有名な展示物『モナ・リザ』。写真撮影OKなのだが何故か何度やっても上手く撮れない。

 

f:id:junkikki:20170503093300j:plain

みんなでツアーの成功を祝い、エッフェル塔前にてシャンペンで乾杯。


6月9日(13日目)

昨日に引き続きパリ観光。

f:id:junkikki:20170503093329j:plain

パリの中心地コンコルド広場。中央には高さ23mのオベリスクが建っている。

 

f:id:junkikki:20170503093400j:plain

お~シャンゼリゼー♪お~シャンゼリゼー♪と思わず口ずさまずにいられない。

 

f:id:junkikki:20170503093430j:plain

シャンゼリゼ通りを抜けて凱旋門へ。

 

f:id:junkikki:20170503093501j:plain

ディズニー映画(観てないけど…)でも有名なノートルダム大聖堂

 

f:id:junkikki:20170503093535j:plain

パリの街を優雅に流れるセーヌ川

 

f:id:junkikki:20170503093609j:plain

エッフェル塔、再び。

 

f:id:junkikki:20170503093642j:plain

2時間もかけて並び最上の展望台へおのぼりさん。まさかこんな並ぶとは思わなかった。

 

f:id:junkikki:20170503093723j:plain

シャイヨー宮方面。

 

f:id:junkikki:20170503093750j:plain

凱旋門方面。

 

f:id:junkikki:20170503093816j:plain

シャン・ド・マルス公園方面。

 

f:id:junkikki:20170503093846j:plain

フランスの夜の名物といえばキャバレー・クラブ。

 

f:id:junkikki:20170503093909j:plain

日本でいうキャバレー・クラブ、いわゆるキャバクラとは違い、歌あり踊りありのディナーショーって感じで観客は男性も女性もウェルカムなんだけども、なんと女性ダンサーが普通におっぱい丸出しで踊ってらっしゃって。

向こうではこれも“芸術”っていう意識らしいけど、こっちは少なからず照れるじゃない?横にズラーッとトップレスの女性が並んでのラインダンスなんかは、そりゃあもう壮観なんだけども。

でね、ショーの終盤で観客をステージに上げてのダンス・コンテスト的なちょっとした余興があって、僭越ながらそれに選出され、おまけに優勝をかっさらうという快挙を成し遂げてしまい(たぶんダンスの上手下手ではなく唯一のアジア人で珍しかったからだと思う)、記念品をもらったんだけど、それ渡されるとき軽い小ネタを仕込むってんで舞台袖に通されたんですよ。

そこにはダンサーが控えてるわけなんだけど、その狭い空間に20人以上のトップレスのダンサーがひしめき合ってて、火照った体から出る放射熱が感じられるような距離間で囲まれちゃって、目のやり場に困るとは正にこのことで、右見てもおっぱい左見てもおっぱいのめくるめくシャングリラ状態。お陰様で一生分どころか五生分くらいのフランス女性のおっぱいを堪能させていただきました。


そんなこんなでツアー最後の夜は暮れていったのであった。