英語で旅する現地発着ツアー

世界中から参加者が集まる現地発着ツアーのご紹介と、その魅力について語っていきます

ロンドン発着ヨーロッパ周遊ツアー その8

Rome, Italy

 

6月4日(8日目)

今日からは2日間はローマ観光です。昔から『ローマは一日にして成らず』といいますからね。

f:id:junkikki:20170430110717j:plain

ロトンダ広場のパンテオンミケランジェロが天使の設計と賞賛したとか。

 

f:id:junkikki:20170430110747j:plain

トレビの泉。トレビとは三叉路という意味らしいですよ、泉の前から3本の道が伸びてることからそう呼ばれるようになったとかいう、そんなトリビア

 

f:id:junkikki:20170430110817j:plain

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂という非常に覚えずらい名前の建物。ローマ市民からはヴィットリアーノと呼ばれているそうな。ローマ市民も覚えづらいんだね、きっと。

 

6月5日(9日目)

昨日に引き続きローマ観光だよん。

f:id:junkikki:20170430110858j:plain

バチカンサン・ピエトロ寺院、ここはイタリアではなくバチカン市国という別の国な訳ですね、はい。

 

f:id:junkikki:20170430110932j:plain

すさまじい、もう荘厳というしかない寺院内部。ベルニーニ作の祭壇天蓋、どうやって作ったんだろ?

 

f:id:junkikki:20170430111006j:plain

ミケランジェロ会心の作『ピエタ』、そのあまりの出来栄えに興奮してマリアの左肩から掛かる布に自ら名前を彫ったというが、それは確認できず。

 

f:id:junkikki:20170430111038j:plain

バチカンを守るスイスの衛兵。

 

f:id:junkikki:20170430111105j:plain

映画『ローマの休日』でオードリーがジェラートを舐めるシーンで有名なスペイン階段。トリニタ・デイ・モンティ教会の二つの尖塔が印象的。

 

f:id:junkikki:20170430111135j:plain

こちらも『ローマの休日』で有名な真実の口、これって実は元々下水溝のマンホールの蓋だったらしいが。

 

f:id:junkikki:20170430111200j:plain

古代ローマの遺跡フォロ・ロマーノを見学。ここだけじゃなくローマの街にはこうした遺跡が普通にいっぱいある。ちなみにフォロ・ロマーノは共和政時代の中心地でフォーラムという言葉の語源にもなっているとか。

 

f:id:junkikki:20170430111233j:plain

あまりにも有名なコロッセオコロッセオといえばジョジョを思い出してしまう俺は考えを根本的に改めた方がいいと思う。

 

f:id:junkikki:20170430111300j:plain

2000年も前に実際に闘技場として使用されていたことを考えるとホント凄いよね。


以上、歴史の都ローマでした。